玄関の向きで風水は気にした方がいい?方角別メリットデメリット

玄関の向き 玄関

玄関の向きを決める時に、風水とかの方角は気にした方がいいのかな~と気になりますよね。

よく鬼門がどうとか、玄関の方角はよくないと・・・なんていうのも聞くことが多いと思います。

今回は、玄関の向きはについてご紹介します!

スポンサーリンク

玄関の向き風水的にはどこがいい?

玄関の向きは風水的には、南や東、南東方面がいいと言われています。

逆に鬼門と言われて良くないのは、北東(表鬼門)、南西(裏鬼門)と言われています。

鬼門からは邪気が入ってくる方角で、不吉なんだそうです。

で、我が家はガッツリ表鬼門の北東に玄関があります!

お家の間取りを考える時に、設計士さんに「鬼門とか気にしますか?」と聞かれて、「一応気にします!」と答えてはいましたが、結局は表鬼門に玄関がくる間取りを選びました^^;

というのも、土地と道の関係で、土地の北東側に道があるんですね。

住宅街なので左右と裏側にもお家が建ちます。

出入りしやすいのが北東側だったので、自然と玄関も北東側に。

ただ、玄関の方角というのは、扉の開く向きの方角の事だそうで、同じ並びのお家もみんな北東側に玄関はありますが、玄関扉の向きを南東向きにしているお家が半分くらいあります。

この方向にすると、南東向きの玄関という事になります。

玄関を開けた時に道から中が見えないというメリットもありますよね。

でも我が家はなんでそうしなかったのか・・・というと、家から出て北側が大通りなので、常に北側から帰宅してきます。

玄関が東向きになっていると、北から帰ってきたときにぐるっと回って玄関に入るのがめんどくさいなと思ったのと、その他の間取りがこうしないとうまく希望通りにならなかったからです。

玄関の風水を気にして、他の部分が思い通りに配置出来ないのは嫌だったので、「やっぱり鬼門とか気にするのやーめた!」と途中で考えを転換しましたw

同じ並びで、玄関を東向きにしているお家は半分、という事は、半分は我が家のように気にしないお家というだと思うので、皆がみんな方角を気にしてお家を建てたりはしていないという事ですね^^

風水的によくない方角の場合

他の間取りの関係や、道などの関係で、我が家のように風水的にはよくない方角に玄関を持ってくるしかないけど、風水は気になる!

という人は、他の風水的に良いと言われていることを取り入れればOKです!

風水は調べてみると、結構、融通が利くので、ちょっと気にする人は以下の方法を取り入れるといいですよ^^

1.観葉植物を置く

生きている観葉植物を玄関に置いておくと、悪い気を吸い込んで、気を浄化してくれるんだとか。

明るい色の切り花も、花瓶の水をキレイに保っておけばOK!

フェイクグリーンなど、造花では意味がないので、生きている植物を飾りましょう!

2.鏡を置く

鏡は良い運気を増やしてくれます。

玄関の左側に鏡を設置すると金運がアップ、右側に設置することで地位や名声がアップするとか。

玄関ドアの正面に置くとよい運気が跳ね返ってしまうらしいのでNGです。

スポンサーリンク

3.方位除けのお札

方位除けのお札というのもあるそうです。

神社で初穂料をお納めして頂けるので、玄関に飾っておきます。

玄関から悪い気が入るのを防げると言われていますよ。

4.盛り塩

盛り塩をしておくのも一つ。

悪い人を寄せ付けない、良い人を招くとか、悪い気が入ってこれない、金運アップなどと言われています。

飲食店とかにもよく盛り塩がされていたりしますよね。

盛り塩をキレイに盛るための道具が100均にあり、誰でもキレイに盛れますよ^^

5.明るく清潔に

窓を設置して、常に明るい光が入るようにしたり、外からの光が入らなくても明るい電気をつけることで、玄関を明るくしておくといいそうです。

汚い場所には、悪い気もたまるので、常に掃除もしてキレイな玄関にしておくだけでも、邪気が払われるんだとか。

6.いい香りで運気アップ

玄関をいい香りにしておくと運気もアップします。

お家に帰ってきて、玄関がいい香りなのは、気分も上がりますよね^^

好きなアロマやお香などでいい香りにしておきましょう!  

玄関の方角別のメリットデメリット

風水は置いておいて、実際、玄関の位置を好きに選べるのだとしたら、それぞれの方角のメリットデメリットも知っておくといいですね。

北向き玄関

北向きの玄関は、あまり日が当たらないので、夏は涼しく冬は寒いです。

周りの環境によっては、窓をつけてもあまり明かるさは見込めません。

雪が積もる地域では、玄関前の雪が溶けにくいなどのデメリットが考えられます。

夏が熱いのが苦手な人は、いいかもしれません^^

南向き玄関

南は日の光が当たる時間が多く、夏は暑く、冬は暖かいです。

陽が当たる時間が長いので、玄関ドアの劣化の心配もあります。

南側に玄関があると、庭やリビングが南に持ってこれないのがもったいない気もします。

東向き玄関

東向きの玄関は、午前中に日があたります。

ドアを開けると朝気持ちのいい光を浴びて、家を出ることが出来ます。

南にお庭やリビングなどを持ってきやすいですく、北側に水回りを集めることも出来て、過ごしやすいお家の間取りになりそうです。

西向き玄関

西向き玄関は、日中はあまり光が当たりませんが、夕方からは日差しが当たるようになります。

夏の西日はキツイと言われるように、ドアの劣化も気になる所で、夏は夕方から玄関に熱がこもる可能性もあります。

西日が嫌いな人は、それ以外の方角にリビングを置くことができるので、逆によいかもしれません。

各方角ともメリットデメリットがあるので、それぞれ家族のライフスタイルによって、玄関の方角も考えてみるといいですね。

まとめ

風水的には玄関は、南東がいいといわれていますが、南や南東というと、お日様の光が長い時間入ってきて、日当たりの一番よい場所なんです。

私はそういう場所は、あまり長くいない玄関よりも、家族がよく過ごすリビングなどに使うほうが実際は気持ちよく過ごすことが出来ると思います。

また、風水は玄関だけじゃなく、いろんな場所の方位があるので、それを気にし出すとお家の計画が進みません!

あまり気にしすぎず、何を優先させるかを考えてお家の計画を進められるといいですね。

◆玄関関連記事↓
【新築の玄関はどんな風にする?向きや広さ・収納や色について!】

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました