玄関の人感センサーライトのメリットとデメリット!

玄関センサーライト 玄関

玄関の照明は、人感センサーライトにしておくと便利です。

でも、人感センサーライトを使ったことがない方は、実際の使い勝手が分からず取り付けるのも不安ですよね・・・。

私も人感センサーライトにするまでは、色々と不安な事もあったので、今回は人感センサーライトについてご紹介します!

スポンサーリンク

玄関の人感センサーライトのメリット

人感センサーライトのメリットは、とにかく自動で電気が点いたり、消えたりしてくれる所です。

特に、玄関に取り付けた場合は、荷物をたくさん持って帰宅してきた時にも玄関の扉を開ければ、それだけで反応して電気がついてくれます。

我が家の旧居では、玄関の照明のスイッチは一つしかなく、上がり框付近についていたので、夜に帰宅すると暗い中1~2歩は歩いてからしか電気をつけられませんでした。

1~2歩でも暗い中歩くのは、不便ですし、何かにつまづいて転んでしまう場合もありますよね。

そういうわけで、とっても不便だなと思っていました。

特に、子どもが小さいときは、片手に子供、もう片手には荷物・・・という状態が多かったので、電気のスイッチを押すのも大変でした。

玄関の照明がスイッチの場合、玄関に入ったときと、リビングに入る前に1回ずつスイッチを押す必要が出てくるので、荷物を両手に持っていたり、子どもがいたりすると、それだけでも結構手間ですし、忘れがちになります。

子育て中のお家は、玄関の照明を人感センサーライトにしておくと本当に便利だと思います。

さらにもう一つ、よかったなと思うのは、トイレに行く時。

我が家のトイレは玄関を通っていかなければいけません。

家族4人ともなると、トイレへの行き来は多いですし、その時にもリビングからでれば玄関の電気がついてくれて、トイレに入れば一度、玄関の電気は消えます。

トイレから出れば、また玄関の電気が点いてくれます。

これ、たぶん手動だったら、トイレに入る前に玄関の電気を消すなどは誰もしてないよな~と。

少しだけでもこまめな電気のオンオフが自動で行われるのは、多少の節約にもなっているんじゃないかなと思います^^

スポンサーリンク

玄関を人感センサーライトにするデメリット

もちろん、いいことだけじゃなく、デメリットも少しはあります。

人感センサーライトのデメリットとして、よく耳にするのは、じっとしていると電気が消えてしまう事です。

トイレに人感センサーライトを取り付けた場合、座っている間に消えてしまうというのは、よく聞きます^^;

玄関でも、意外とじっとして作業をすることがあるので、消えてしまって面倒だなと思う事も。

私の場合ですが、玄関で何をしているのか?というと・・・

・段ボールなどゴミをまとめる
・下駄箱上に飾り
・靴の手入れ
・細かい所の掃除

こんな感じの作業は、あまり体を動かす事なくする作業なので、センサーが反応せず消えてしまいます。

この間も、すみっこの汚れをゴシゴシ拭いていたら、パッと電気が消えてしまいました^^;

消えてしまったときは、頭をユラユラっと動かしてみたり、手を振ったりして再度電気をつけていますが、結構何度も消えたりするので、面倒です。

もちろん、「○分で消える」というような元の設定は出来るタイプのものですが、作業する時以外は早く消えてほしいので、1~2分くらいで消えるように設定してるんですよね。

ただ、常時点灯をさせる方法もあります。

メーカーやライトの種類にもよると思いますが、我が家はパナソニックのセンサーライトです。

我が家の場合、壁のスイッチを一度オフにして、すぐにオンにすることで、常時点灯が可能になっています。

長く作業をするときは、この壁スイッチを使って常時点灯させるようにはしています。

常時点灯した後は、壁スイッチをもう一度オフにしてからオンにすることで、人感センサー機能がオンになります。

私は、常時点灯した後にこの切り替えをよく忘れるので、「あれ?なんで消えないの??」となる事はよくありますね・・・。

まとめ

人感センサーライトは人の出入りが多く、かつ短時間しか滞在しないような玄関や廊下に取り付けるのがおすすめです。

長く作業をする場所では、デメリットのほうが大きく感じるかもしれませんね^^;

玄関では、メリットの大きさの方が勝っているいると思います!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました