ホシ姫サマ手動の徹底レビュー!紐の長さや使い方・利便性など!

ホシ姫サマ 洗面所

部屋干しアイテムとして、人気のホシ姫サマ!

実際に取り付けたいけど、使い勝手とかどうなんだろう?と気になりますよね。

今回は、我が家も採用したホシ姫サマ(手動タイプ・埋め込み式)をレビューします!

結論をいうと、取り付けてとっても良かったですよ~^^

スポンサーリンク

ホシ姫サマの種類

我が家には、手動の埋め込みタイプのホシ姫サマ2本を設置しています。

ホシ姫サマ

竿のサイズはショートタイプ。

ホシ姫サマの竿

竿は両サイドが伸縮するようになっていて、伸ばしてていない時は、998mm。

ホシ姫サマの竿伸縮

最大まで伸ばすと1770mmになります。

狭い洗面所などに取り付ける場合にピッタリなサイズです^^

ちなみに、ロングサイズもあって、竿の長さは1436~2208mm。

広いランドリールームやお部屋に取り付けるならこっちの方がたくさん干せそうです!

ただ、竿がロングでもショートでも耐荷重は洗濯物を脱水後の重さで8kgまでです。

重さの目安は、ハンガーにかけた脱水後の洋服が大体15~20枚くらいです。

我が家でホシ姫サマを取り付けている場所は、壁から壁までが1650mmしかなく、服と服の間をしっかり開けて干したい派なので1本の竿に10~13枚の服をかけています。

もう一本の竿にはピンチハンガーやたこ足ハンガーを掛けて、靴下などの小物類、ズボンなどを干しています。

タオルは全部、洗濯機の乾燥を使っていますが、たこ足ハンガーなどを使えばそれらも一緒に干すことはできます。

通常の家族4人分の洗濯ものがギリギリ干せている感じですね。

土曜など、子どもの持ち帰りの洗濯物が多い時や布団カバーなどを洗う時は、この2本では全く足りません^^;

◆別場所にpidをつけて対応しています!
【室内物干しpidのレビュー!】

ホシ姫サマには、他の種類もあります。

・竿2本タイプ


【CWFT21SA】パナソニック 室 内物干しユニット 壁付スイッチタイプ 竿2本 ショートサイズ 埋込み ホシ姫サマ  電動シリーズ 【送料無料】

・電動の天井埋め込みタイプ


【CWFT11LR】 パナソニック  室内物干しユニット リモコンタイプ 竿1本 ロングサイズ 埋込み ホシ姫サマ 電動 シリーズ CWF11LR

・手動の天井埋め込みタイプ


【CWFT11LM】パナソニック 室 内物干しユニット 手動・埋込タイプ ロングサイズ フタ付 ホシ姫サマ CWF11LM  【送料無料】

・壁付けタイプ


【送料・代引無料】*パナソニック*CWFT8101W / CWFT8101WL 物干しユニット [ ホシ姫サマ] 壁付け設置・ショートサイズ [手動][CWF8101Wの後継品]

・天井取り付けタイプ


CWFE12CM】送料無料 Panasonic  パナソニック室内物干しユニット ホシ姫サマ CWFE 物干し竿

これだけ種類があります^^

新築で付けるなら、断然埋め込みタイプがおすすめです。

竿を使用していない時は、天井がスッキリして見えますよ^^

ホシ姫サマの紐の操作

ホシ姫サマの電動の場合は、壁スイッチやリモコンスイッチで操作しますが、手動の場合は天井からぶら下がった紐を操作する必要があります。

ホシ姫サマの紐の操作

この紐の操作の仕方は、慣れると簡単です^^

一度、紐を下にびょーんっと引っ張ります。

最後まで引っ張らなくても自分が紐を操作しやすい位置まで下げればOKです。

ホシ姫サマの紐

紐を下まで引っ張った状態で片方どちらかの紐(どっちかは決まっています)を引っ張れば竿が降りてきます。

竿を上に戻したい時も同じです。

この操作は、紐を下に引っ張った状態で片方の紐をさらに引っ張る必要があるので、片手で操作するのは難しいです。

というか、片手では出来ないかも?器用にやろうと思えば出来るかもですが、私はできません。

ぶら下がる紐の長さは、施工時に600mm・700mm・800mm・1500mmと選べるみたいです。

私も大工さんに取り付けてもらったのですが、特にココを何センチがいいかとかは聞かれず、天井から800mmの長さで紐が垂れさがっています。

天井高2500mmで、私の身長が155cmなんですが、手を挙げて少し肘を曲げたくらいの高さに紐の先が来るのでちょうど引っ張りやすい長さです。

見た目的には、もう少し短くてもよかったかな?とも思いますが、毎日使うものなので、使いやすい長さに設定した方がいいですね。

スポンサーリンク

ホシ姫サマのメリット

室内干し用の物干しアイテムは色々とありますが、その中でもホシ姫サマにしかないいいところというのが、「洗濯物を干したまま竿を上に上げられる事」です。

さらに、竿を使わない時は、収納しておけるので見た目がスッキリ。

我が家の場合は、天井高2500mmで、埋め込みタイプなので、洗濯物を干して一番上まで竿をあげると、洗濯物が頭上にきます。

男性ものの長めの服がかかっている場合は、通ると頭にかかってしまいますが、それでも普通に干しやすい高さに干している状態からすると、洗濯物のジャマさ加減がかなり減ります。

見た目にも上に上がっているだけで、洗濯物が目立ちません^^

人が通る場所や部屋に取り付ける場合にも人の通行の妨げにならないので、助かります。

洗濯物を上にあげる時は多少は、紐は重たいです。

年取って手の力が弱くなったら、ちょっとしんどいかもしれません・・・。

その時は電動に変えるかな^^

竿が天井近くまで上がるのと反対に、竿を下の方まで降ろす事も出来ます。

ピンチハンガーを使う時は、竿が低い方が洗濯物を洗濯バサミではさみやすいですし、私はあまり長時間腕を上に上げておけないので、助かっています。

天井高や使う人の身長にもよりますが、我が家の場合は、私の胸の下あたりまで竿が降りてきます。

普段、そこまで竿を下げてくることはありませんが、小さい子の洗濯干しのお手伝いとかにもいいかもしれません^^

まとめ

ホシ姫サマは、普段竿を使わない時には収納しておきたい人、洗濯物を天井近くまで上げて干しておきたい人にピッタリの部屋干し竿です!

見た目がいいだけじゃなく、使い勝手もとってもよくおすすめですよ^^

手動か電動かは迷うところですが、電動は手動よりも高いです。

お値段の事を考えるなら、操作は慣れれば苦になるものでもないので、腕を使うのがツライ状態でなければ、手動でもいいかな?と思いますよ^^

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました