階段の段数の求め方!上りやすい高さの決め方は?

階段の段数 階段

せっかく新築するなら、お家の階段も上りやすいものにしておきたいですよね。

上りにくい階段は、上り下りするのも億劫になってしまいますし、危険に感じることも。

お家の階段は毎日上り下りするものなので、しっかり階段の高さや段数を考えておきましょう!

スポンサーリンク

階段の最低基準

お家の階段を上りやすいものにするために、まずは、階段の基準から知っておくと参考になります。

建築基準法での階段の最低基準は

・蹴上が23cm以下であること
・踏面が15cm以上あること
・階段と踊り場の幅は75cm以上

と決められています。

この蹴上とか踏面というのはこちら↓

蹴上と踏面

蹴上(けあげ)は、階段1段の高さの事です。

踏面(ふみづら)は、階段1段の奥行の事になります。

この蹴上と踏面のバランスは上りやすい階段を作るのにとても重要です。

建築基準法の最低基準の数値は、あくまで最低基準で、実際に蹴上23cm、踏面15cmだとかなり急で上り下りが恐い階段になります。

上りやすい階段の段数の求め方

最低基準と違い、上りやすい階段は

・蹴上=18~20cm
・踏面=20~22cm以上

といわれています。

さらに、上りやすい蹴上と踏み面の寸法バランスを求める式というのもあって、

・蹴上×2+踏面=約60~65cm

この式に当てはまる寸法のバランスが一般的に上りやすい階段と言われています。

例えば、上の上りやすい階段の寸法を当てはめてみると

・蹴上20cm×2+踏面20cm=60cm
・蹴上19cm×2+踏面22cm=60cm

蹴上19cm、踏面22cmの方が緩やかな階段になります。

ただ、踏面が広い分、階段に必要なスペースも多くなるので、間取りでどれくらい階段にスペースを割けるかという所も考える必要もあります。

我が家の階段

我が家の階段は、上段3段が曲がるほぼストレート階段です。

我が家の階段

蹴上20cm、踏面27cmです。

上りやすいバランスの式に当てはめると67cm。

まぁまぁ、近いバランスの寸法になっています。

踏み面が広いので傾斜が緩く感じられて上り下りしやすい階段になっていると思います^^

踏面が足のサイズよりも大きいのでスリッパを履いていてもしっかり階段を踏みしめて上る事ができるので、安定感もあります。

あまり踏面を広くすると大股で歩くような形になるので、少し疲れる階段になりますが、これくらいでは特に大股になる事もなく違和感もありません。

階段を下りる時も踏面が広い方が安心して降りられます。

スポンサーリンク

階段の段数の求め方

最適な蹴上と踏面の寸法に加えて、段数の事も気にしないといけませんよね。

階段の段数は、

・1階の床から2階の床までの高さ÷蹴上

この計算で求める事ができます。

大体、一般的な一戸建て住宅のお家では1階の床から2階の床の高さまで(階高)は2.6m~3mくらいになる事が多いです。

一度、設計士さんに階高が何メートルになるのかの確認もしておくと考えやすいです。

我が家は、

階高300cm÷蹴上20cm=15段

こんな感じになっています。

普通のお家でよく聞く階段の段数は13段~15段で、私の体感では

・13段だとちょっとキツめの階段
・14段で普通
・15段で緩やかで上りやすい

という感じがします。

このあたりは、普段上り慣れている階段がどんなものかにもよりますが、新しいお家の15段はきつくも緩すぎもせず私にはとても上りやすい階段になりました。

階段の段数の決め方は?

お家の階段の段数、寸法を決める時は、自分や家族がどんな階段が昇りやすいと感じるかを事前に知っておくことが大事です。

そのためには、実際に色んなお家の階段を上り下りしてみる事です。

私は、お願いする工務店さんの展示場や標準の建売のお家に見学に行き、階段の段数を数えたり、階段の寸法を測ったりもしました。

実家や旧居のアパートの外階段などの寸法も測りまくりましたw

そこまでするか?って感じですが、お家の階段って結構1日に何度も上り下りするもんです。

それが急勾配だったりして上り下りしにくいのは、かなりつらい。

子供や自分が年を取ったときにも上るのが億劫な階段になってしまっては困ります。

ご紹介した計算式は、一般的に多くの人が使いやすいと感じる寸法という事ですが、人によって多少違ってくるとは思いますし、家族構成によっても変わってきます。

実際に上り下りしておけば、確実に自分の使いやすい階段の段数や寸法がわかりますし、「イメージと大きく違った」という失敗は少なくなります。

階段の段数を実際に決める時は、数式だけじゃなく、自分が実際に上り下りしやすかった階段の寸法を建築士さんに伝えてみるといいですよ!

◆関連記事↓
【新築の階段の種類はどうする?段数や色にもチェック!】

まとめ

上りやすい階段を決める基準や数式は目安ですが、分かり易いので活用するといいですね^^

でも、数字だけじゃなく実際の階段を上り下りして、自分や家族にとって使いやすい階段の寸法も知っておくといいですよ。

階段で失敗しないために、しっかり寸法は確認しておきましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました