キッチンのコンセントの必要数と使いやすい高さはコレ!

コンセント

お家のコンセント計画中、悩むうちの一つにキッチンのコンセントも出てきますよね。

キッチンのコンセントの数はどれだけ必要なのか?

コンセントの取り付け位置や高さはどこがいいのか?など、悩む事はいっぱい!

今回は、キッチンのコンセントの必要数やおすすめの高さ、実際につけておいてよかった場所など紹介します!

スポンサーリンク

キッチンの必要なコンセントの数

キッチンに必要なコンセントの数を考える時には、まず使う家電の数を数えるのが大事です!

大体、いつもコンセントをつないでいる状態で、位置も固定されている家電は以下の通り。

・冷蔵庫
・置き型食洗器
・炊飯器
・トースター
・オーブン
・電子レンジ
・電気ケトル
・ウォーターサーバー
・独立型の浄水器

一般的には、こんな感じのものがあります。

実際、我が家で使っているのは

・冷蔵庫
・炊飯器
・トースター
・電子レンジ
・電気ケトル

この5つを使うためにつけたコンセントの数は4つ!

まず、冷蔵庫で一つです。

冷蔵庫は1つの専用コンセントが必要となります。

後の4つの家電も、消費電力が大きいものが多いので、専用コンセントが2口のものを2つと、専用じゃないコンセントが1つの計3つにしてあります。

2口のコンセントが3つなので、挿せるコンセントは6つ!

多すぎじゃないの!?と思われますか?

でも、ココからまだ、使う可能性のある調理家電って出てくるんですよ~。

それがこちら!使用時だけコンセントをつなぐ必要があるキッチン家電です。

・ミキサー
・ホームベーカリー
・コーヒーメーカー
・スチームクッカー
・スライサー
・フードプロセッサー

どうでしょう?

まぁ、「使わないよ!」という人もいるかもしれませんが、うちでは後々ホームベーカリーやコーヒーメーカーも買いたい!

という事も考慮して、2口は常に開いている状態です。

まだ出会っていない便利な調理家電もあるかもしれないので、常時つないでおく家電の数プラス2口コンセントを一つつけておくくらいが安心です。

まずは、今のお家で使っているキッチン家電、引っ越ししたら使いたいキッチン家電を紙に書きだしてみると自分のお家に必要なコンセント数が見えてきますよ^^

業者さんとの打ち合わせの時にも、必要な家電がわかっていれば、相談もしやすくおすすめです!

カップボード上のコンセント

キッチン背面にカップボードがあれば、そこに電子レンジなどの家電を並べて置きますよね。

その場合、私も悩んだのが、位置と高さ!

そちらも、実際どうしたのか?ご紹介していきますね!

カップボードのコンセントの位置

先ほど、必要なコンセント数は使う家電の数を考えるといいましたが、位置についても家電をどこで使うのか?どう並べるか?で考えると分かりやすいです。

例えば、カップボードの右側から電子レンジ・トースター・炊飯器を並べるという場合は、カップボードの右端に一つ、真ん中あたりに2つなど、家電を置く場所の近くにあると便利です。

我が家の場合は、カップボードの端につけたかったのですが、壁の中に耐震装置が入っていたため、その位置にコンセントがつけられず・・・。

スポンサーリンク

そのため、このように真ん中に固めて6口つけています。

※線繋げっぱなしの写真ですみません^^;

コンセント位置がカップボードの真ん中でも、電子レンジのコードの長さがあるので、電子レンジを端においても普通に繋げる事は出来ています。

(カップボードの長さは255cm、電子レンジのコードの長さが約120cmくらいありました)

カップボードのコンセントの高さ

カップボードのコンセントの取り付けの高さについてもご紹介しますね。

大体、カップボードの高さは、850mm~950mmくらいです。

うちの場合は、カップボードが850mmの高さがあるので、電気工事の担当の方に「コンセントは1100mmの高さでどうですか?」と言われていました。

その高さだとトースターや炊飯器の高さより少し上くらいにコンセントが見える位置になります。

ですが私は、どうしても家電でコンセントを隠したかったので、炊飯器でもギリギリ隠れる高さの1000mmにしてもらいました。

見た目重視の場合は、この高さがコンセントが見えにくいです。

炊飯器の横からちょろっと見えてますが・・・差し込み口は見えないのでスッキリして見えます^^

ただし、抜き差しをよくする場合は、少し高めの位置にしておくほうが抜いたり差したりしやすいですし、コンセントの掃除もしやすいです。

コンセントの掃除は定期的にしないと埃が溜まって、そこから火災になる可能性もあるので、見えにくい位置にコンセントを付ける場合は定期的に掃除するなど気を付ける必要もあります。

なので、見えにくい位置はあまり電気工事の担当の方もおすすめはされませんでしたね。

キッチン側のコンセント

キッチン側にもコンセントが一つあると便利です。

ハンドミキサーやフードプロセッサーなどは、シンク横の作業スペースで使うことが多いですよね^^

後は、タブレットやスマホの充電にも私は使ってます。

料理しながら、レシピを見たり、動画や音楽をかけておいたりするのに、充電しながら出来ると便利なんです^^

位置は、シンクとコンロの間で、水がかかりにくく、ガスコンロからも離れている場所に取りつけてもらいました。

コンセントは、水や火のそばで使うのは危ないので、しっかり距離が取れる場所をプロの方と相談して取りつけてもらうといいですよ^^

まとめ

キッチンでは、意外と多くの調理家電を使います。

常時コンセントを繋げておく家電と、たまに使う家電の数を考えて、我が家にはどれだけ必要かな?と考えていきましょう!

絶対これだけは必要!という数にプラス1~2個余裕をもって取り付けておけば安心です!

◆玄関関連記事↓
【新築のコンセントの数や位置の決め方!あったら便利な使い道も!】

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました