新築のキッチンが使いやすいようになるポイントまとめ!

キッチンまとめ キッチン

新築のお家のキッチンは、奥様の楽しみな場所の一つですよね。

キッチンは、毎日使う場所なので、オシャレである事よりもしっかりと使いやすいかどうか?を考えておく必要があります!

今回は、キッチンを使いやすくするために気を付けるポイントをまとめました!

スポンサーリンク

キッチンの照明の色

キッチンの照明の色を決める時は、出来るだけ「食品の色」を自然な色で見えるようなものを選ぶのをおすすめします。

調理するときに、食品の色が正しく見えないと、傷みや変色に気づきにくくなってしまいます。

さらに、色が自然に見えるほうが、調理の作業もしやすいです。

照明の色は5種類ありますが、その中で一番、色が自然に見えるのは「昼白色」という色です。

太陽の光に近い色で、食品や物が自然に見える色なので、キッチンの照明にはおすすめの照明の色です。

キッチンの照明の色や種類について詳しくは↓
【キッチン照明の色のおすすめ!リビングダイニングと違ってもいい?】

キッチンのコンセントの数

キッチンのコンセントの必要な数は、キッチンにどれほどの数の家電を置くか?で決まってきます。

常時つないでおく家電用のコンセントと、たまに使う家電用のコンセントが2口くらいあれば、とりあえず安心です。

まずは、今使っている家電を紙に書き出してみましょう。

その後、たまに使う家電、引越ししたら買いたいと思っている家電も書き出します。

数が決まったら、後は、その家電をどの位置で使うかをしっかり考えてシュミレーションしてみましょう!

すると、コンセントの位置と数がおのずと決まってきますよ^^

我が家のキッチンのコンセントについて詳しくは↓
【キッチンのコンセントの必要数と使いやすい高さはコレ!】

冷蔵庫の位置はどこがいい?

間取りを考える時に、冷蔵庫の位置も考えておく必要があります。

一般的な冷蔵庫の位置としては、キッチン入り口付近です。

キッチンの入り口付近に冷蔵庫を置く事で、作業の流れがスムーズにいきますし、調理中も他の家族が冷蔵庫を使いやすいです。

人によってはコンロ後ろのキッチン奥側に冷蔵庫が来る方が好みの方もいます。

もちろん、好みなので、自分の使い慣れた方でいいとは思いますが、キッチンの奥側に冷蔵庫を置く場合は、通路幅を広くしておく、扉の開きをしっかり確認して置くなど工夫が必要です。

冷蔵庫の位置について詳しくはこちらで↓
【冷蔵庫の位置は奥と手前どっちがいい?配置のおすすめはコレ!】

スポンサーリンク

キッチンカウンターの種類と高さ

キッチンカウンターがあると色んな用途で使用できてとても便利です。

キッチンカウンターには、

・フラットタイプ
・立ち上がり+笠木を伸ばすタイプ
・立ち上がり+カウンターテーブル
・収納

この4つのパターンがあります。

大まかにいうと、見た目のオシャレ度重視で、キッチンを広々と使いたい場合はフラットタイプ。

バーカウンターのような高めのカウンターで、軽食を取るのに適したタイプ。

子供の宿題やワークスペースとしても使用したい場合は、立ち上がり+カウンターテーブルタイプ。

特にカウンターで食事をする予定がない場合は、スペースを利用して収納にしてしまうのもおすすめです。

それぞれにおすすめのカウンターの高さについては、下記で詳しくご紹介しています!
【キッチンカウンターの高さの決め方!食事や収納などにおすすめなのは?】

食洗機は深型がおすすめ!

食洗機を初めて使う場合にも悩みやすいのが、食洗機は深型と浅型どっちがいいのか?という問題です!

2人家族の場合や、どうしても基本は食器は手洗いがしたい場合は浅型でもいいですが、その他の方は深型にしておくことをおすすめします^^

深型は、入る食器の点数が増えるだけじゃなく、入る食器の大きさが変わってきます。

お玉や菜箸など高さのあるカラトリーや大きなお鍋やボウルなど、すんなりとたくさん入り、食事の後片付けが断然楽になりますよ^^

深型食洗機の詳しいレビューはこちら↓
【食洗機の深型と浅型どっちがいい?詳しくレビュー!】

まとめ

照明の色とコンセントの位置は、毎日のキッチンの作業でとても重要になってくる部分なので、しっかりと考えてみて下さいね。

また、食洗機も新しい家事の助っ人!

どうせならしっかり使いやすいものを選んで、フル活用しちゃいましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました