新築の窓の種類のおすすめはコレ!サッシや窓枠の色の選び方も

新築窓

窓といってもいろんな種類の窓がありますよね。

アパートやマンションなんかでよく使われている引違い窓以外にも「横滑り出し窓」「縦滑り出し窓」といわれるデザイン性のいい形の窓もあります。

でも、使った事がなくてどんなものなのか?どんな使い勝手なのかわからない事も多いと思います。

また、窓の形や種類だけじゃなく、サッシや窓枠などの色も悩む所の一つです。

今回は、横滑り出し窓と縦滑り出し窓についてと、窓回りの色についてご紹介します!

スポンサーリンク

横滑り出し窓

横滑り出し窓は、窓ガラスが外側に向かって、ガラスの下側が開くタイプの窓です。

換気のために開けて置く事が多いお風呂場や洗面所、トイレなどの水回りの窓としてよく採用される窓です。

◆メリット
・外からの視線をカットしてくれる
・雨が入りにくい
・採光が取りやすい
・人が侵入しにくい
・気密性が高い

◆デメリット
・たくさんの風は入らない
・あまり開かない
・ロール網戸使用の場合、虫が入る場合もある

メリットを見てみても、水回りの窓にピッタリの条件の窓ですよね。

◆詳しい使い勝手はこちら↓↓
横滑り出し窓とは?メリットデメリット・防犯面や網戸使い勝手は?

縦滑り出し窓

縦滑り出し窓も、外側にガラスが開くタイプの窓です。

縦滑り出しという名前の通り、ガラスの縦のラインの左右どちらかが開くタイプです。

縦長の形の窓で、デザインとしてもオシャレな窓です。

寝室や子供部屋、洗面所などでもよく使われています。

◆メリット
・風がいっぱい入ってくる
・気密性が高い
・外側の窓の掃除がしやすい
・おしゃれ

◆デメリット
・雨が入り込みやすい
・ロール網戸では虫が入る事もある

縦滑り出し窓の良い所は、他の窓に比べてたくさんの風を室内に取り込んでくれるところです。

我が家では素早く湿気を取るために脱衣所でも使用しています。

また、縦長の窓なので、デザイン性にも優れています。

スポンサーリンク

◆詳しい縦滑り出し窓の紹介はこちら↓↓
縦滑り出し窓とは?メリットやデメリット!防犯や網戸についても

窓枠の色の選び方

窓枠とは、窓をはめ込んでいる大体は木で出来ている額縁のことです。

この窓枠の色は、窓をあまり目立たせたくない場合は、周りの壁紙と似た色にしておくと目立ちません。

例えば、白い壁紙のお部屋なら白の窓枠にしておくと、壁と馴染んであまり目立たないです。

しかし、逆に窓をアクセントとして目立たせたい場合は、壁紙とは別の色にすると窓の存在がハッキリとします。

また、建具を色を合わせたりしても統一感がでますよ^^

◆関連記事↓↓
窓枠の色を白にして正解!サッシや壁紙との合わせ方!

サッシの色の選び方

サッシは、窓ガラスの周りの枠の部分です。

アルミや樹脂などで出来ている事が多いです。

サッシの色を選ぶ時は、外側と内側のお家のイメージをしっかり持って考えておくと決めやすいです。

お家のテーマというか、こういう雰囲気のお家にしたいというイメージを持っておきましょう。

例えば・・・
・北欧系
・ナチュラル系
・西海岸風
・ブルックリンスタイル
・シンプルモダン
など

それぞれの雰囲気にあったサッシの色を選ぶことで、随分とその雰囲気に近づける事ができます。

また、その時々のサッシの色の流行というのもあるので、メーカーさんに聞いてみるのもいいでしょう。

あまり目立たない色、どんな色や雰囲気にも合うサッシの色がいい場合は、シルバーなどの金属っぽい色のものがおすすめです。

◆関連記事↓↓
サッシの色の選び方のポイント!内側と外側で違う!注意点も

まとめ

窓選びで悩みやすいポイントをまとめて紹介しました!

窓はお家の住みやすさを左右する大事な部分だと思います。

出来れば、設計士さんの言いなりにならず、自分でもある程度知識を持って、本当に自分のライフスタイルに合ったものなのか?

というのを確認しておくと、後で後悔が少なくなりますよ^^

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました