窓枠の色を白にして正解!サッシや壁紙との合わせ方!

窓枠

お家のいろんな部分の色を決めていく中で、窓枠の色も自分で決めるものの一つですよね。

窓枠の色によって、お部屋のイメージや窓の存在感がだいぶ変わってくるので、ココもしっかり好み通りに選びたい!

我が家は白にしましたが、とってもよかったと思っています!

窓枠が白にする事のメリット・デメリットなど、詳しくご紹介しますね!

スポンサーリンク

窓枠とは?

まず、窓枠というのはどの部分の事なのか?ですが、サッシの外側の額縁の枠(大体のお家は木で出来ている部分)の事です。

わかりにくいので、画像で説明すると・・・

窓枠とサッシとは

こんな感じです!

ガラスの周りの枠のことは、サッシといいます。

サッシの事を窓枠という場合もあるようなので、ちょっとややこしいですが、当ブログでは、ガラスと一体になっているところを「サッシ」。

木枠で出来ている窓の額縁のことを「窓枠」で区別して紹介しています!

サッシの色の事が知りたかったんだよ~!という人は↓↓こちらにどうぞ!
サッシの色の選び方のポイント!内側と外側で違う!注意点も

我が家は白

窓枠は、我が家は割と悩まずに白に決定しました。

なぜか?

壁が白だから!

白の窓枠

壁が白なので、窓枠も白だとあまり目立ちません。

ライトが電球色なので、ちょっと壁がオレンジっぽくなっていますが、白です。

窓枠の存在感がなく、窓回りがスッキリして見えるので気に入っています^^

これが、白の壁に別の色の窓枠だと、少し窓の存在がハッキリとします。

黒の窓枠

逆にこのように窓枠もアクセントの一つとして考えるのなら、白以外の窓枠にするのもいいですね。

スポンサーリンク

その場合は、建具や巾木の色と合わせると統一感も出せます。

ちなみに、壁紙が白以外の部屋に白の窓枠にした部屋があるんですが・・・

こんな感じで、ちょっと目立ちます。

ここは別の色にすればよかったかな・・・とも思いますが、ブラインドを外付けにしてあるので、ブラインドを下げれば窓枠も見えません。

カーテンの場合も閉めれば見えなくなりますね^^

窓枠とカーテン

ブラインドを内付けにした場合は窓枠はバッチリ見えます。

その場合にも白は何色でも合うので、ブラインドと窓枠の色合わせに困ることはありませんでした^^

窓枠とサッシの色合わせ

窓枠とすぐ近くにあるのは、壁紙ともう一つは窓のサッシです。

ここの色合わせは、大体、どの組み合わせでもそれほどおかしくはならないと思います。

ただ、サッシも窓枠も木の色にする場合は、微妙に色が合わなかったりして、色を合わせるのが難しい印象です。

またサッシは日が当たっても色あせる事はありませんが、窓枠は色あせてきます。

そうすると、サッシと窓枠の色が合わなくなってくる事も考えられます。

後は、サッシと窓枠を同色にする場合は、窓の額縁がとても太く存在感が出てくるので、それが自分の好みに合うかどうかはしっかりと確認しておくのをおすすめします!

まとめ

窓枠の色は、壁紙に合わせると窓枠が目立たず、窓回りがスッキリと見えます。

窓をデザインの一部といてみる場合は、逆に壁紙と違う色にすると窓の存在がハッキリして、素敵な印象にもなりますよ^^

お部屋の雰囲気も窓枠の色によってガラッと変わるものなので、しっかりシュミレーションしておくといいですね!

◆関連記事↓↓
新築の窓の種類のおすすめはコレ!サッシや窓枠の色の選び方も

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました