食洗機の深型と浅型どっちがいい?詳しくレビュー!

食洗機レビュー キッチン

我が家の食洗機は、パナソニックの深型の食洗機です。

新築の際、キッチンの打ち合わせで浅型にするか深型にするか悩みに悩みましたが、深型を選びました!

なぜ深型を選んだのか?

使ってみてどうなのか?

食洗器は深型と浅型のどっちがいいのか?

使ってみた感想など色々ご紹介しますね!

◆おすすめのキッチン関連記事↓
【新築のキッチンが使いやすいようになるまとめ!】

スポンサーリンク

食洗器の深型を選んだ理由は?

ショールームで案内のお姉さんのお話を聞いているときは、一度は「浅型でいっか!」と思っていました。

その時のお姉さんのお言葉が

「深型は浅型よりも、食器一人分多く入るだけなんですよ~」

っていう案内だったからです。

実際、パナソニックの食洗機に入る食器の数は

・浅型:40点で5人分
・深型:44点で6人分

ホントに、食器だけで言えば一人分しか変わらない!

けど、実際に使ってみると、「深型と浅型の大きな違いはそこじゃないんですよ~!」とあの時のお姉さんに言いたいです。

深型の食洗機のメリット

深型という事は、当然、庫内の深さがあるという事です。

浅型と深型では深さが9.5cm(内寸)も違います。

そうすることで生まれるメリットは

・菜箸などのカラトリーを立てて入れられる
・背の高いグラスも入る
・大きなフライパンなどの調理器具が入る
・まな板も入る
・食器の上にボールやザルを重ねて入れることも出来る

庫内の高さがあるってことは、こういう事が出来るって事です!

お玉やフライ返し、菜箸などが立てて入れられないと、寝かせて入れる事になるので、他の食器を入れる場所が取られます。

(ちなみに、菜箸は食洗器対応のものがなかなか売ってません。売ってても高いので100均のものを自己責任で使ってます。しばらくすると柄がハゲます)

でも深型なら、普通に立てて入るので省スペースで収まりますし、入れるのも簡単です^^

地味に洗うのが面倒なまな板や、フライパンなども入るのでとってもとってもとっても楽です!

また浅型より深型の方が、庫内の幅が4cmも広く、食器を出し入れしやすい&食洗器から食器を出す時にも目当てのものを見つけやすくなっているんですよ^^

スポンサーリンク

食洗機深型の使用感は?

深型の使用感としては、食器や調理器具の高さを気にせず、ポイポイ入れられるのが便利です。

食洗機菜箸

菜箸やお玉なども立てていれちゃってます。

食洗機コップ

上カゴにも14.5cmまでのコップを入れることができます。

食洗機フライパン

食洗器対応の28cmフライパンもこの通り普通に入ります。

後、最近知ったんですが、立てたお皿の上にボールやザルをのせてもいいんです。

食洗機ザル

これはホント便利です。もちろん、ちゃんとキレイに洗えてます。

後、背の高いお茶のボトルも入ります!

これも地味に洗うのめんどくさいやつですが、食洗器に入れるようになってからはとっても楽ちん^^

食洗機の浅型に向いてるのはこんな人

とまぁ、浅型か深型どっちがいい?と聞かれたら、断然、深型をおすすめします!

でも以下のような人は、浅型の食洗器でも大丈夫だと思います。

・夫婦2人家族のお家
・基本は手洗いしたい人
・食洗器で洗えないような食器が多い
・今後も食洗器対応食器を買い足したくない
・安く済ませたい人

食洗機をあまり信じていない人もまだ多いみたいで、どうしても基本は手洗いしたい人もいますよね。

そんな方は浅型でいいと思います。

大型の調理器具くらいは手洗いで食器だけを洗いたいという方も浅型でもいいでしょう。

ただ、食洗機を使いなれてくると本当に楽なので、あれもこれも入れたくなる可能性もあります^^

そのあたりも考慮して選ぶようにするといいですよ。

まとめ

食洗機は深型が断然おすすめです。

食器以外の調理器具も食洗器で洗えるほうが、水道代の節約にもなりますし、ひと手間もふた手間も減ります^^

夫婦二人のお家や基本は手洗いがしたいという人の場合は、浅型でも問題はないと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました